メニュー

在宅医療

在宅医療とは、病気になり通院できない場合に、病院ではなく自宅などで治療を行うことです。入院医療や外来医療に次ぐ第3の医療と言われています。
自宅などの住み慣れた環境での療養生活は、自分にあった生活を送ることができます。精神的にも安定することから、症状が改善されることも期待できます。また、なじんでいる食事を取ることができるので、食欲に良い影響を与えます。経済的にも、在宅医療のほうが入院治療を継続するよりも安くなります。一方、在宅医療では、患者様のご家族の協力と心構えが必要です。また、緊急時の不安をできるだけ解消するための工夫も必要となります。普段からかかりつけ医と連携できる体制をしっかり整えておくことや、24時間対応の訪問看護サービスを活用して、リスクに備えることが求められます。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME