メニュー

苦痛の少ない胃内視鏡

内視鏡とは、胃を直接観察する検査機器です。内視鏡検査によって、日本人に多い胃腸のがんの早期発見につながることが多くあります。近年では、機器の性能があがり、苦痛も少なく、10~30分程度でほとんどの検査が終了します。

胃カメラについて

口から管を挿入するタイプで苦痛が伴現在は鼻から細い管を挿入するタイプの胃内視鏡もありますが、当院では口から管を挿入する胃内視鏡を行っております。変異組織を認めた場合、すぐに組織を採取し生体検査に出すことができるというメリットがあります。

検査の流れ

検査前日

夕食は、夜9時までに、消化の良いものをとってください。

検査当日まで水分(お茶やお水などの透明な飲料水)は水分は適度にとっていただけます。

特に夏季は脱水にならない程度の水分補給をしてください。

検査当日

朝、食事はとらないでお越しください(朝の薬はのまないでください)。

検査中

ベッドに左向きになった状態で検査を行います。

検査時間はだいたい10分ぐらいです。

 

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME